美元に新恋人発覚!え!?妊娠?復讐はこれから?高島家たまらんわ

スポンサードリンク


mimoto2日発売の「女性自身」で

美元(みをん)(34)が

年内にも再婚するとの報道があった

 

美元は2008年9月に

俳優、高嶋政伸(46)結婚

半年後には生活習慣や考え方の違い

などから亀裂が生じ

 

 

10年8月に高嶋が家を出る形で別居

 

互いのプライベートを暴露し合う

 

など約1年10カ月にわたる

泥沼の法廷闘争を経て

 

12年11月9日

 

離婚が成立していた

この離婚劇では高嶋政伸側が

 

「訴訟費用も美元側が負担する全面勝訴」

 

しておきながら

高島サイドが訴訟を取り下げる

極めてまれなケースの

協議離婚で合意している

 

裏では美元側に

暴露本を出版させない

などの口封じ的な要素が

あるとの見方もある

 

まさに

「25年間の芸能生活をなげうって」

の離婚劇であった

 

saiban

 

しかし、ここへきて

美元の熱愛報道

 

2日発売の「女性自身」では

美元と新恋人のデート現場を掲載

相手の素性は明かされていないが

 

サンケイスポーツによると

お相手はシンガポールを拠点とする

年下のトレーダーだという

 

しかも妊娠の可能性があるという

 

ninsin

 

え!?

 

あれだけ離婚しないと裁判しておいて

 

いきなり妊娠?

 

離婚が成立したのは

 

12年11月9日 だ

 

約7カ月後の今回の報道であるが

 

日本では

 

民法772条の規定

「離婚から300日以内に生まれた子は

「前夫の子」と推定すること」

 

とされている

 

たとえ再婚相手の子であっても

出生届は前夫の子としてしか受理されない

 

なので

 

「一時的にでも前夫が戸籍に入れるのは納得できない」

 

等の考えから

出生届を出さなかったりすると

生まれた子が「無戸籍」

という事になってしまう

 

外国人登録もされていない

「無戸籍」となると

どういう事態になってしまうのか

税金とか払わなくて済むから

得なのかな?

 

そんなワケはありませんよね(汗

税金はしっかり払わせれますよ

 

で日本には確認できるだけで約1500人程度いて

 

・健康保険、年金、生活保護などの社会保障が受けられません

・無期限で長期間にわたり収容される危険性があります

・条件つきでの学校入学

・パスポートは取れません

・結婚は認められません

・選挙権は有りません

 

等の不具合があるという

これ以外にも

実際には就職もままならないだろう

 

takasima

 

今回のケースで言えば300日後は

 

2013年9月5日(木) だ

 

あと約2か月で出産することが条件となる

 

さすがに少し考えすぎか(笑

 

しかし高島家にとっては

ひやひやモノであっただろうことは

想像するに難しくない

mimoto

まじコワ過ぎ



これらの記事は今回の記事と関連している記事です


お読み頂きありがとうございました!
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ拡散して頂けるとすごく嬉しいです!



2013年7月3日 | カテゴリー:熱愛・結婚

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ