炎上商法限界です!葉月里緒奈の現在?ドラマは?病気なの?

スポンサードリンク


adukiriona芸能界の魔性の女と言われ

世を騒がせてきた

 

葉月里緒(旧:葉月里緒

 

2004年に長女を出産し

何となく女優業を引退していた

カンジの葉月里緒奈であったが

 

 

2006年にテレ朝系

『相棒・元日SP』で復帰を果たし

以来ドラマに映画にと出演しているが

 

hadukiriona

 

お騒がせ女優の割には

音沙汰がない

 

いま葉月里緒奈は

何をしているのでしょうか?

 

 

葉月里緒奈が魔性の女と言われる由縁

 

 

1995年映画「写楽」で共演した

真田広之(当時34)との不倫関係が

ワイドショーや女性週刊誌

で話題となったのだが

 

sanadahiroyuki

真田博之

 

当時、真田広之の奥さんであった

手塚理美が次男を妊娠中の出来事で

 

tedukasatomo

手塚里美

 

 

デビューして3年かそこらの

葉月里緒奈(当時19)が発した言葉が

 

「相手に奥さんがいても堂々と付き合う」

「オバサンが私のことを嫌いだと言っても関係がない」

 

と堂々たる姿勢で公言

 

結局、真田と手塚は離婚となった

 

このころから既に

 

「魔性の女」

 

と騒がれるようになったようだが

 

魔性の女葉月里緒奈のエピソードは

これだけに留まらない

 

 

「ナインティナイン」の岡村隆史(40)が芸能活動休止!

 

okamuratakashi

 

岡村隆史が体調不良で芸能活動を

休止した事は記憶に新しい

 

そこに葉月里緒奈が

一枚噛んでいたと

もっぱらの噂だ

 

情報筋によると

もともと超がつくほどの

真面目な性格の岡村さん

 

女性へのコンプレックスが強く

未だ結婚に至っていないが

 

その女性コンプレックスとなった

原因の女性の一人が葉月里緒奈だという

 

そもそもは96年

『めちゃイケ』で共演していた

雛形あきこ(32)に番組で

ドッキリで告白をしかけられ

 

hinagataakiko

 

本気になってしまった岡村さんが

トラウマになってしまったというもの

 

そして、その傷が癒えてきた98年

女優 葉月里緒奈 が登場

葉月里緒奈はマジで

岡村さんのことを気に入り

肉食女子さながら岡村さんの

電話番号を調べ猛アタック

 

岡村隆史は

ドッキリじゃないかと

ずいぶん疑っていたものの

 

だんだんとその気になって

いざ付き合おうと思うと

 

今度は葉月里緒奈が一変して引いてしまう

しかもテレビ番組で

 

“岡村さんにフラれちゃいました”

 

とやったもんだから

岡村隆史にとっては

たまらなかっただろう

 

以来『葉月里緒奈 病気』で

検索をかけるとこの話題に

出くわすという(笑

 

さらに、余談ですが

この後 熊田曜子 にも

色仕掛けで言い寄られ

売名行為に使われていた

 

kumadayouko

 

というので

とどめを刺されています(悲

 

 

葉月里緒奈の怒涛の展開

 

 

“岡村さんにフラれちゃいました”

のその年、98年

 

葉月里緒奈は

ハワイ在住の寿司職人と結婚

 

しかも 2か月で離婚

 

その年 ヌード写真集 発売

 

と怒涛の展開

 

一年前の97年には

イチローとも交際が噂された

 

ichiro-

 

04年になると今度は

不動産会社勤務の

一般の男性と電撃再婚

 

nazonootoko

 

交際6か月にして妊娠3か月

という鬼のような展開で

話題をかっさらった

 

92年のデビューからここまで

何かと世間を騒がせ注目されてきた

葉月里緒奈だが

 

今では

 

2時間ドラマ枠に出て欲しいとオファーが殺到している

 

同じ芸能事務所の後輩にあたる真木よう子

バーターとして売り込れるが、それでもメディアで見掛けない

などとささやかれている

 

magiyouko (6)

真木ようこ

 

とどちらにしても

露出は少ない

 

炎上ネタが息切れか

いや、きっとまた何かやってくれるでしょう!

 

hadukiriona (2)



これらの記事は今回の記事と関連している記事です


お読み頂きありがとうございました!
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ拡散して頂けるとすごく嬉しいです!



2013年7月11日 | カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ