中島知子の妹とは?真相?父から受けた過去!松竹と関係悪化のワケとは

スポンサードリンク


osero

中島智子が活動を再開し、話題を集めている。

 

14日放送の情報番組「5時に夢中!」では

セクシー衣装に身を包み胸の谷間を披露し

話題を掻き集めたかと思うと

今度は自身のブログで過去の不倫騒動について言及。

かつて井上陽水との不倫・破局騒動が

 

 

女性霊能者との一連の行動のきっかけとされてきたが

 

 

「雑誌はほんまにええ加減にしとくれやす」

 

と、完全否定。

2011年に週刊誌で報じられた

井上陽水との不倫報道には

「中島と陽水は2007年頃から交際を始め、

約2年にわたって不倫関係を続けた末、

2009年に破局」とある。

 

 

その後、「陽水との破局による心傷がきっかけで

中島は女性霊能者から洗脳を受けている。」

などと報道されていたが、

そもそも陽水氏との関係すらないと

 

ここへきて、そこからか

という感じを受けるぐらい何か根深いものを感じる。

 

ちなみに、中島が所属していた松竹芸能も、当時

陽水との交際は否定的見解で

「認識しておらず、事実でないと思います」という

コメントは残している。

 

 

今回、中島は5月22日発売の「婦人公論」で

10時間に渡るロングインタビューに応じ

所属事務所とのトラブルの経緯や、

女性霊能者との出会い、父・母・妹との

家族関係について語り、

一連の報道についての弁明をしている。

 

 

さらには、当時の松竹芸能との

独立トラブルについても言及し、

当時、芸人や女優業ではなく

「制作」や「キャスティング」、「企画」

といった様なことがやりたくて

松竹芸能で企画を提案し、チームも組まれたが

立ち消えになってしまい、不信感を抱くようになっていたという。

 

そこに相方松嶋さんが円満に独立を果たし

納得がいかなかったと、心境を語った。

 

また、世の報道は誤解だらけだと訴え

 

騒動の真相はそもそも

思春期に父親からの暴力的な支配を受けた事が

中島を崩壊させたと訴えている。

 

 

当時、中学生の中島が父親からの

暴力的支配を受け、母に相談していたが、

真剣に取り合ってもらえず、

悩み続ける思春期をおくってきたという。

 

 

また、東京に出てきてからは

妹が同居するようになり

その妹は無職のまま妊娠。結婚。

両親は妹ではなく、監督不行き届きだと

中島さんを怒鳴ったという。

 

妹さんの生活費、結婚費用、出産費用まで

姉である中島が支払い、

そもそも、そのころ女性霊能者に

最初にみてもらったのは妹だったと

今回、初めて妹の関与を告白した。

 

妹は出産直後に夫と別居し

しばらく中島さんが面倒をみる形ていた。

また、両親からも実家のリフォーム代として

毎月40万円のお金を要求される始末で

家族からの金銭的な要求は

少なくとも中島には精神的重みになっていたようだ。

 

しかし、ある時妹に

 

「もういいかげん支援はできない」

 

と拒絶すると

 

妹は実家の京都へ戻り

 

「お姉ちゃんは変わった」

 

と両親に報告。

 

面倒を見てきた妹が

手のひらを返すように

面倒を見てくれない姉はおかしい、

女性霊媒師と何かあるんじゃないか

と両親と一緒になって話し合っている様で、

 

どうも周囲の人間に話している

可能性があったという。

 

確信めいた発言はなかったが

自分はメディア関係には発言していないのに

「誰かが自分の情報をマスコミに流している。」

情報源はどこか近くにある。

 

 

洗脳などはされていない。

根本は家族の確執が原因で、

マスコミがからみあい、

とんでもない境遇となってしまったと

中島は語る。

 

女性霊能者には自分のせいで職を失い

しっかり償いをしていきたいと話していた。

 

いずれにしても、

もう昔には戻れない。

どう前に進むか、だ。



これらの記事は今回の記事と関連している記事です


お読み頂きありがとうございました!
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ拡散して頂けるとすごく嬉しいです!



2013年5月24日 | カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ