鈴木杏樹の子供に夫ドラマのような人生に劣化とかないわ

スポンサードリンク


suzukiannjyu7月からフジ系「Oh my dad」に

出演中ですが、最近だと

何と言っても

テレ朝系「相棒」の

2代目「花の里」の女将役が

はまり役でとっても

いいカンジの

鈴木杏樹(43)さんですが

その杏樹さんの人生がドラマすぎる

 

 

プロフィール

 

suzukianjyu

生まれ大阪で

本名は「山形香公子(やまがた かくこ)」さんと言います

 

神戸のインターナショナルスクールに通い

17歳の時にスカウトをされ

歌手を目指す為に単身ロンドンの音楽学校に留学

 

1990年に当時20歳で英CBSレコードから

KAKKOという名でデビューするが

この時はヒット翌年には帰国している

 

人生何が起こるかわかんないもんです

 

帰国後は実家でボーっとしていたという

なかなか先が見えず

さすがに何ヶ月も何ヶ月も過ぎていって

なんかしないとやってられないわと思い

音楽以外の仕事であればという事で

芸能活動がスタートしたという

 

その後はドラマや映画でブレイク

一時期CM14本に出演しCM女王と

呼ばれたこともあり

フジ系「シオノギミュージックフェア―」

においては1995年以来

ずっと司会を担当している

 

愛人関係と結婚

 

そんな鈴木杏樹さんに不穏な噂があった

 

山口組の若頭だった宅見勝さんと
愛人関係だったと言うのです

噂ですからわかりませんが

そうとう可愛がられていたようです
しかし、1997年に彼は暗殺される

 

まるでドラマのような展開ですが

その半年後に医師で大学病院外科部長の

山形基夫(56)さんと知り合い結婚

 

出会いは1998年の1月に

鈴木杏樹さんが「ミュージックフェア」収録中に

腸閉塞で入院したことがきっかけで

手術を担当した医師の一人だったという

 

退院時にパソコンのメールアドレスを交換し

すぐに交際がはじまり

わずか4ヶ月後の98年6月に入籍へと至ったという

 

幸せな生活と子供

 

2人は、仲の良い夫婦で

結婚後も仕事と家庭を両立させていたそうですが

 

もなかなか子供ができなくて、
彼女は不妊治療を行った時期もあったというが

「でもこればかりは自然に任せようと思っています」

 

と治療による妊娠をあきらめている

杏樹さんはさぞお辛い心境でしたでしょう

暗い面持ちで
「子供がいたらどんなにか楽しいだろうと思います」

と語っていたという

杏樹さんが流産したという噂がありますが

不妊治療中にはいろいろな事が

あるかも分かりませんので

噂は噂で放っておくのが

懸命かもしれませんね

 

仕事の成功

いい人との出会い

子供

健康

人生の幸せって何なんでしょうね?

 

夫の死

 

2013年2月

鈴木杏樹さんは朝の情報番組

日テレ系「ZIP!」金曜日レギュラーに出演直後

夫の訃報を知らされる

 

夫の山形さんはの5~6年前から

内臓疾患を抱えていたようで

昨年末に肝臓移植のためにボストンの病院に入院

準備を進めているとき容態が急変し帰らぬ人となってしまった

という

通夜のとき杏樹はは病名について

「プライバシーを守ってあげたい」
多くを語らず病名は公表されることはなかった

結婚して15年

子供がいないまま

夫は他界してしまいました

ますます人生の幸せについて考えたくなります

 

幸せだと思う気持ちがあれば

それが幸せなんだ

 

と誰かが言っていましたが

鈴木杏樹のドラマのような人生には

またいつぞや転機が訪れるに違いない

suzukiannjyu (3)



これらの記事は今回の記事と関連している記事です


お読み頂きありがとうございました!
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ拡散して頂けるとすごく嬉しいです!



2013年8月4日 | カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ