東進林修先生ヤンキー講義で名言集!授業内容とは?【画像入】

スポンサードリンク


 

hayasiフジテレビ「テレビシャカイ実験あすなろラボ」で

あの「いまでしょ!」でお馴染みの

東進ハイスクール現代文講師

林修先生がリアルヤンキーさんに

たった1回の授業で勉強落ちこぼれ軍団に

やる気を起こさせることが出来るか?

という企画を行ったのですが、

そこでの林修先生の名言がすごいと話題になっている。

 

林修先生名言語録<その1>

歴史の本などをよく読んでいるうちに気付くことがある。

勝ってる人間は何かしらの偶然もあるが

負ける人間には大体3つの共通点ある

それは

・情報不足

・慢心

・思い込み

sono1

 

 

林修先生名言語録<その2>

 

努力は裏切らないっていう言葉は不正確だ。

正しい場所で

正しい方向で

十分な量なされた努力

これは裏切らないという言い方が正しい。

 

林修先生名言語録<その3>

 

受験生に本番1ヵ月前に必ず言う事がある。

 

この一か月で4つのタイプが現れる。

頑張って受かったヤツ

頑張ったけど受からなかったヤツ

受からなかったけど頑張ったヤツ

 

問題は

受からなかったし頑張りもしなかったヤツだ

sono2

 

今からの1ヵ月間をとにかく頑張ってみろ

すると受験に受かっても、落ちても人生がかわる。

1ヵ月頑張れる人は1年頑張れる。

1年頑張れる奴は10年頑張れる。

10年頑張れる奴は一生頑張れる。

1ヵ月間がんばるっていうのは大事だ

 

林修先生名言語録<その4>

 

人生に必要な力は、二つ。

WS000004

この2つの力を身に着けるために

すべての努力がある。

 

 

林修先生名言語録<その5>

 

勉強を全員がやる必要はないかもしれない

けど

学校でやった問題の解き方が意外と役に立つなと思ってる

 

漢字が読めないと、人がせっかくくれてるヒントとかを貰い損ねたりする

 

今でも頭の中でよく数学で習った軸を使って考える

WS000000

 

 

林修先生名言語録<その6>

 

好きなことはお金払って趣味ですればいい。

仕事ってのは

客にとっては

仕事するその人が

その仕事を好きかどうかなんて関係ない

任された仕事をプライドと責任を持って行えばいい

 

自分は銀行に就いたが合わないからって辞めた

同級生が官僚だの大企業だの行ってる手前

小さな塾の講師なんてかっこ悪くて

見栄張って起業してみたけどダメだった

 

オレは好きなことで成功することは出来なかった

でもこれだったら勝てるっていう仕事でなんとかなった

負けて負けて負けて、どんどんどんどん可能性を消してきたんだ

 

 

林修先生名言語録<その7>

悩んだ時は、本を読んで、過去の人に頼ろうか

勉強しないのは別にいいけど

本を読まない奴ってのは嫌いだね

本ってのは一人の人間が知恵を絞ってひねり出した作品

本の作者は仲間だよ。

歴史の本なんていい。歴史にはヒントが隠されている。

 

林修先生名言語録<その8>

 

男と女は根本的に違う。

女の子は一目ボレゾーンが狭く

生理的に受け付けないっていう地獄のゾーンがある

男はここに入らないように清潔にしとかなきゃいけない

そうして、女の子への点数を順番に積んで

あの人優しいとか。そうしているうちに、女の子は

『なんであの人、いつの間にか私の心に入り込んじゃってるの』

って言ったりするんだよ

 

おまけの林修先生名言語録

<SMAP中居くんの「金スマ」での名言>

 

人生は1つ勝てるものがあるだけでいい

他が全て負けてもいい

 

東大に入る為に頑張って培った能力は、この先の人生に何の意味もない

東大に入ったからといって何の保障もない

 

抜かない刀を自慢するような生き方はやめてください

抜かない刀を自慢している人も見ると、痛々しいですからね

 

 

いやぁ

噛めば噛むほど味が出てくる言葉だなぁ

大人でも抗議受けたいくらいです(笑



これらの記事は今回の記事と関連している記事です


お読み頂きありがとうございました!
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ拡散して頂けるとすごく嬉しいです!



2013年6月10日 | カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ